旅と人生 by エノキダケイコ

ちょっとまとまった時間ができたら、すでに出かけている、そんなエノキダケイコの人生そのものともいえる旅行について書いていくブログです。

2019.12~2020.1 マレーシア旅行記① マレーシア航空 フライトとラウンジ編 

今回の旅行は団体ツアーなんだけど、フライトは自由、ただしツアーを手配してくれている旅行会社を通して予約します。まとめて予約してある「推奨フライト」にせず、今回は私だけマレーシア航空にしてもらいました。

年をまたぐフライトなので、マイルやポイントを常に集めている私としてはいろいろ迷いましたが、JAL修行の最後の保険として2019年のうちに2フライト確保したいし、マレーシアのフラッグシップエアラインなので。ルートは、成田ークアラルンプール、クアラルンプールーコタキナバルの往復。成田久しぶりです。

ちなみにツアーの推奨フライトはチェジュ航空。東京からはクアラルンプール直行便なら数社飛んでるけど、コタキナバルへの直行便はマレーシア航空(JALコードシェアあり)の一便だけ。ソウルからはチェジュ航空のほかに大韓航空、ジンエアー、エアソウルなど直行便が飛びまくっています。どうりで、コタキナバルの街中は韓国人ばっかりでした。

JALサファイアをやっと達成したところなので、さっそくラウンジの恩恵にあずかってみます。使えるラウンジはカンタスJAL。当然両方行ってみます(笑)。

最初に行ったのはカンタスラウンジ。

f:id:enokidakeiko:20200106132148j:plain

成田空港のカンタスラウンジ

f:id:enokidakeiko:20200106132518j:plain

カンタスラウンジのフードコーナー

そしていきなりの貸切状態。フード、ドリンクはこんな感じで、シンプルで快適。

その後JALサクララウンジへ。こちらは激混み!私と同じ便に乗る人、全員来てるんじゃないか…。

f:id:enokidakeiko:20200106132709j:plain

サクララウンジといえば、泡。

さて搭乗です。機内食は1回だけで、サバ味噌を選びました。機内エンタメは、映画がいまいち新しくないかな…。今回は「ゴジラ キングオブモンスターズ」と「名探偵ピカチュウ」(自分では絶対レンタルしないやつw)を見てみました。

クアラルンプール空港に5時25分着。入国手続きはわりとスムーズ。ATMで少しマレーシアの通貨、リンギットを引き出して搭乗口へ。カフェでコーヒー(3.8リンギット、100円ちょい)を飲みながら時間つぶし。

クアラルンプールからコタキナバルの国内線は2時間くらいだけど、機内食も出るし映画も見られました。

****************

滞在中のことは後で書くとして、さっそくですが帰りの便です。

コタキナバル空港ではマレーシア航空のカウンターは空いていました。荷物をスルーで成田まで預けて、ラウンジへ向かいます。かなり奥まったところにあるマレーシア航空のラウンジ、広くはないけどとてもきれい。タオルを借りて、1つしかないシャワールームを借りました。ちょっとしたホテルみたい。

f:id:enokidakeiko:20200106135249j:plain

コタキナバル空港のマレーシア航空ラウンジのシャワールーム

f:id:enokidakeiko:20200106135357j:plain

コタキナバル空港マレーシア航空ラウンジで「ラクサ

ラウンジ内スタッフは「ヒジャブ」をかぶった女性が多い。機内には一人もいませんでしたが、やっぱりイスラム教徒の多い国なんだなぁ。ちなみに、ドバイ拠点のエミレーツ航空とかなりコードシェアをしていて、アジアはマレーシア航空、ヨーロッパや中東・アフリカはエミレーツ、とうまく分担してるようです。

ゲートへ行くと、日本人がほとんどで、優先搭乗多めで年齢層高め。コタキナバルでお正月を過ごすのは、海外慣れした人が多いみたいです。

クアラルンプール空港に着いたら、さっそくマレーシア航空のラウンジへ。ここはすごかった!五つ星ホテルのレストランフロアそのものみたいに広くて豪華でした。

f:id:enokidakeiko:20200106140137j:plain

クアラルンプール空港のマレーシア航空のラウンジへ

f:id:enokidakeiko:20200106140205j:plain

クアラルンプール空港、マレーシア航空ラウンジ

やはりイスラム色が濃いので、バーコーナーははっきり分かれています。(機内でもお酒は出ませんでした)

搭乗ゲートまではけっこうな距離。搭乗では「急いで急いで」と促されて、出発時間の15分も前にドアが閉まりました。機内ではスマホは「機内モード」ではなくずっと電源も切るように言われ、なかなか厳しいです。映画は「アド・アストラ」を見ました。

機内食はエコノミーなので期待しないとしても…今回、成田についたら初の「荷物延着」にあってしまいました。しかも私の荷物だけ。コタキナバルでつけてもらったプライオリティタグは、手元に届いた時には取れていました…。私の荷物は後の便に乗せられたそうで、翌日家まで送ってくれました。何も紛失していなかったので、あまり問題はなかったのですが、ずっと待っていたのに出てこなかったのはちょっと疲労感…。

そんな初マレーシア航空体験でした!