旅と人生 by エノキダケイコ

ちょっとまとまった時間ができたら、すでに出かけている、そんなエノキダケイコの人生そのものともいえる旅行について書いていくブログです。

Skyberryというwifi機器

ネット接続について、ここしばらく悩みました。

ずっと、家ではauひかり、スマホauの大容量コースで日本中どこに行っても快適サクサク、家ではAmazonプライムの映画も高画質。…だったんだけど、なにしろ毎月の料金が高い!15000円くらい払ってきたんじゃないかな。初めて買った携帯がauで(注 その前にPHSという過去の遺物もあった)、その後何十年もずっとau一筋だったけど、そろそろ番号も変えてキャリアも変えてみようかなと思いました。

で、楽天モバイルに決めたところ、海外ではネットはおろか電話も通じない。auは海外ダブル定額が便利だったので、これをどう補うか。

それに楽天モバイルは国内でも「高速」のはずのネットがすごく遅い。これは相対的なもので、前が早かったとも言えます。

足りないところを補って、さらにプラスするために、楽天モバイルに追加したのが以下の二つです。

① airbaltic card

これは海外SIMというやつで、確かAmazonで買いました。文字通りバルト海沿岸のエストニアの電話番号のついた、電話&ネット接続のSIMです。使用料はわりと安めで、何より繋がるエリアがすごく広い。私はアイスランドスリランカの両方で電話もネットも使えるのでこれにしました。ただ、普通に使ってるとどんどんお金がかかるし、国別の割安パック(1週間1GBまで1000円、みたいなやつ)を選ぶのもわりと面倒。とはいえ、海外で普通に使える電話は必須です。

② Skyberry

これ今回新規導入しました。国内外で使えるネット端末です。(海外で借りるwifiみたいなやつ)

設定不要で、日本でも海外でも(少なくともクアラルンプールでは)サクサクつながっていい感じ。ただ、やっぱり容量は上限があるので、足りなくなりそうになったらネットで追加料金を払う、という手間があります。

空港やホテルではいまどき世界中でwifi使えるので、使うのはなるべく最小限にしてます。

③保険に、Skypeにも電話オプションに少しお金を置いてあります。これは、フライト変更とかトラブルで、海外なのに長電話する羽目になったときのため。アイスランドではauで別の国のANAと長電話して目が飛び出るような請求が来たので、これも必須。もし同じ事態になったら、急遽「skypeかけ放題オプション」をonにする予定。

さて、これからクアラルンプールを離れて、コタキナバルからも離れたジャングルに突入するので、ネット環境また報告しますね!