都内のレストランで世界一周!(byエノキダケイコ「旅と人生」)

海外に行けないときは近場の外国へ。毎日おなかいっぱいだ~

トルコ料理「東京ジャーミイ」@代々木上原

2021.7.17

今日も検診のついでだけど、代々木上原に行ったので「そうだジャーミイがあるじゃないか!」とランチに出かけてみました。お茶とお菓子だけのこともあるので、ご飯食べるのは久しぶり。

トマトの濃いスープと、香りのいいオリーブオイルのかかった小さいサラダと、メインは。。。

鶏肉とじゃがいもとグリンピースと、くるみの、カレー味でピリ辛のお料理。ご飯には小さい豆が炊き込んであります。

お腹いっぱい!(夜ご飯抜いてしまった)でもやっぱり、トルココーヒーとド甘いお菓子も欲しかったなぁ。。。

f:id:enokidakeiko:20210717231736j:plain

オーストラリア料理「カフェ・ラントマン」@青山

2021.7.13  前から行ってみたかったお店。1873年にオープンしたウィーンの老舗の海外一号店。手がけたのはカジュアルなイタリア料理の老舗ジローなので、安定感あります。

以前行こうと思ったときは予約が取れなかったので、今度は平日ランチタイム、というか開店すぐに行ってみました。

バックフーンサラダっていう、フライドチキンの入ったボリュームたっぷりのサラダセットです。このあとコーヒーも。

f:id:enokidakeiko:20210717230527j:plain

これだけでお腹いっぱいで、本物のザッハトルテまで行きつかなかったのが残念!

用事がないと出かけられない今日この頃ですが(この日も健康診断のついで)、ワクチン打ち終わって安心してディナーに出かけたいな〜。


南インド料理「アーンドラ・ダイニング」@渋谷

4月20日。渋谷にできた、南インド料理の名店「アーンドラ・ダイニング」です。ランチのミールズをじっくり味わって満喫。インド料理って最高級!と思えるものでも、1000円台でガッツリ食べられるのが嬉しい。いつかディナーにも行きたいな。。。

f:id:enokidakeiko:20210420113435j:plain

 

ドイツ料理「アイヒェンプラッツ」@赤坂

4月17日。赤坂の本格的なドイツ料理店に行ってきました。皿盛りのカリーブルスト(普通はホットドッグ)は、すごく美味しいソーセージにケチャップとカレー粉で、昔ベルリンで食べたのと同じ味わい。豚のすね肉を煮込んだ「アイスバイン」のローストもすっごく美味しかったです。ビールは生のドイツビールだけで4種類はあったかな。これがまた、うまい!

ビルの2階だけど、窓を開け放っててオープンエア状態でした。

f:id:enokidakeiko:20210417182524j:plain f:id:enokidakeiko:20210417183705j:plain

 

モロッコ料理「ダールロワゾー」@三軒茶屋 再訪

4月3日。久々に夜もオープンするというので行ってきました。前に行ったランチがすごく美味しくて、もっといろいろなお料理を食べてみたいなと思ってて。

トマトやキュウリとオリーブのサラダ、フムス、カリフラワーのフリット(クミン塩が合う!美味!)、ミートボールのクスクス、タジン。

エスニック料理って、あれこれ注文すると、慣れない味のものも1つくらいはあったりするけど、ここは全部本当に美味しいです。落ち着いたらもっと友達たくさん誘ってまた行きたいです。

f:id:enokidakeiko:20210424203855j:plain

ダール・ロワゾ―の選べるディナーコース

 

アイルランド料理「JICA食堂」@幡ヶ谷

久々の各国料理はアイリッシュ・シチュー。専門店じゃないけど、いい線いってました。…なんて上からの言い方をしているのは、かつてダブリンに行ったとき、私は気に行ったレストランにつごう3回通って、このシチューを食べ続けたからです(笑)

人参、玉ねぎ、ジャガイモ、肉、というのは、カレールーを入れる前のおうちカレーの中身と同じですね!単純な塩コショウで、これだけ美味しくなるということが実感できます。肉はラム。普段自分ではあまり買わないけど、自分で作って、もっと長時間煮込んでみたいなー。(本当はまたアイルランドに行って食べたくてたまらないけど)

f:id:enokidakeiko:20210126114922j:plain

JICA食堂のアイリッシュ・シチュー、610円だ!

 

【特別編】英国風マナーハウス「ブリティッシュ・ヒルズ」@福島

実家がなくなってから、会社員時代は毎年海外で年越ししてきたけど、もうそんな日は来ないんだろうか…。ふと人から聞いた福島の英国風ホテル「ブリティッシュヒルズ」で、大晦日カウントダウンイベントをやると聞いて、軽い気持ちで泊りに行ってみることにしました。

移動は東北新幹線ですが、久々なのでここは、飛行機のファーストクラスに相当する「グランクラス」に挑戦してみましょう。グランクラスに乗る人は、東京駅にあるJR東日本のラウンジが使えます。ビューゴールドカード保持+グリーン車でも使えますが、私のビューカードはゴールドじゃないので、最初で最後の利用かもしれません。ラウンジは入口からして高級感たっぷり。中に入るとお客さんが3組くらい。きれいな係員の方が席まで注文を取りに来てくれて、カプチーノやアイスコーヒーなども陶器やガラスで何杯でもサーブしてくれます。フィナンシェも出してくれるし、年末サービス?でペットボトルのお茶もいただきました。椅子やブラインド(縦型の布ブライド)も素敵。

f:id:enokidakeiko:20210101184459j:plain

東京駅のビューカードラウンジ。二重になったグラスに入ってるのはホットのカプチーノ

乗車すると、一列は2席・1席の3席だけ。乗客は私の他に一人だけです。ただ残念なのは、郡山行きはすぐ着いちゃうからか、飲み物や軽食のサービスは何もありません。リクライニングしたりして車内誌「トランヴェール」を眺めてたら、新白河に到着。

f:id:enokidakeiko:20201231131628j:plain

東北新幹線グランクラス。一人席に座って二人席のほうを撮りました。


東京から1時間半くらいかな。駅に着いたら雪が降っていました。ホテルのバスでピックアップしてもらって向かいます。この年末は大雪になりそうなので、自家用車の人も駅に車を置いてバスで行くことを推奨しています。

バスに40分乗っているうちに、どんどん雪が深くなっていって、着いたらもうホテルは雪に埋もれています。これは…ずいぶん本格的な英国マナーハウス(貴族の邸宅を改造した昔ふうのホテル)だなぁ!

f:id:enokidakeiko:20201231222155j:plain

宿泊棟はいくつもあって、食事やイベントのたびに雪道を本館に向かいます。部屋にハリポタみたいなマントが備え付けてあって、みんなで着て歩いてると可愛い

ロンドンにもこんなクラシックなホテルはないんじゃないか?一度スコットランドとの国境あたりのマナーハウスに泊まったことがありますが、そこよりもむしろ昔ながらの調度品が揃っていてすごく立派です。

f:id:enokidakeiko:20210101185706j:plain

部屋の中。ベッドルームと居間が分かれてて、バスタブは猫脚。調度品のテイストが完全に揃ってます。

そして着いたらいきなり英語だ!最初は慣れなかったけど、だんだん英語が普通になってきました。そこは「神田外語学院」という語学学校が経営している英語合宿のできるホテルで、建物だけでなくそこでの生活すべて、まるでイギリスに滞在しているような暮らしができるというホテルだったのでした。

従業員も英国紳士がいたり、日本人スタッフも英語がとても流暢で、本当にツアーで到着したイギリスのどこかのホテルみたいです。宿泊客は自由に見学できる本館の二階には歴史の古い図書館みたいなライブラリーや、第一回議会でも行われたんじゃないかという会議室など。ホテルというより、本当の貴族の館(チャーチルの生家のブレナム・パレスとか)に来たみたい。

f:id:enokidakeiko:20201231172138j:plain

議会場かと思うような立派な会議室。ほかにも美しいお部屋がたくさん

私が参加した年越しプランでは、スコットランドの本格的なバグパイプ演奏と伝統料理「ハギス」とホットワインを振舞う「バーンズ・ナイト」っていうイベントのあとにディナー。

f:id:enokidakeiko:20201231183249j:plain

リファクトリーという広いダイニングでディナーと朝食。

f:id:enokidakeiko:20210101190254j:plain

ディナーは冬野菜のテリーヌ、フォアグラとポートワインソース、ブイヤベース、ビーフ包みパイ。

12時に向けてビンゴやトリビアクイズもあって、カウントダウンの後は…雪の中の花火でした。もう寒くて寒くて!でもすごく綺麗で、最高でした。

 

部屋に戻るとまるで英国風のお部屋に、テレビのスイッチを入れるとデフォルトがBBC!

猫脚のバスタブ。うーむ、イギリス旅行しててもここまで英国風の宿ってないよなぁ…。カフェカーテンのかかった窓の向こう、木々にどさどさと積もる深い雪。ここってどこだっけ?もしかして…密室殺人の舞台?(違う)と言いたくなるくらい、東京から2時間なのにこの非日常感は…。

f:id:enokidakeiko:20210101075946j:plain

部屋の外は大雪

 

翌朝は朝食ビュッフェにおせちやお雑煮もあって、朝からデザートも豪華。

f:id:enokidakeiko:20210101191109j:plain

左上から時計回りにおせち盛り合せ、フルーツ、デザート、プチ雑煮とブリ。

ショップではキュー・ガーデンやビクトリア&アルバートミュージアムなど、あー私イギリス行ったらヒースローで買いそうだなー、と思うものばかり売っていて、けっこう買い込んでしまったのでした…。

うーむ。おそるべしブリティッシュヒルズ。全然偽物っぽくなくて、懐かしい気がするくらい立派な、木の家具の匂いただよう、英国好きのツボをみごとに押さえたホテルでした。ぜひここでアガサ・クリスティの「マウストラップ(雪の山荘の密室ミステリー)」を上演してほしい。