それでもやっぱり旅したい(byエノキダケイコ「旅と人生」)

ワクチン4回済ませて、気を付けながら国内旅行中。

2022年8月 ごほうび旅@千歳・利尻・礼文・稚内 3泊4日

奈良から戻って間もなく、久々の友人からLINE。「美味しいウニ食べに行かない?」「行く行く!」「利尻島だけどね。」「…いいよ!」

JALの上級会員を目指して「アイランドホッピング(※注1)」をしたとき、離島の海の美しさや、隣り合った島々のそれぞれが個性的で、2つとして同じような島がないことに魅せられてしまった私。日本全国のいろんな島に行ってみたいなと思っていた矢先の、北海道の離島へのお誘い。迷わず乗っかりました。

一人旅なら、ホテルは寝るだけのことも多く、時にドミトリー(カプセルホテル形式)も使う私ですが、友達と一緒のときはホテルでゆっくりおしゃべりしたいし、バスや電車の待ち時間も惜しく感じられます。一生に一度しか行けない場所かも、という期待もあって、今回は思い切っていいホテルに泊まってごちそうを食べる「ごほうび旅」になりました。

 

【フライト】

行くと決めたのが直前なので、特典航空券の枠はもうありません。行きは羽田~新千歳~利尻の乗継割引チケット(29,860円)。途中は利尻~礼文稚内とフェリーで移動して、帰りは稚内~羽田を株主優待(※注2)チケット(25,220円)で手配。おっと、片道のフライト代だけでこの間の奈良旅の全額を超えてる(笑)。

 

【天候不順!な1日目】

出発2日前にANAから「嵐でフライト飛ばないかも」という弱気なお知らせが。ひまな私はともかく、バリキャリの友人は日程をずらせません。土日月の予定を変更して、金曜のうちに千歳入りすることに。(フライト変更は無料)

金曜夜の千歳便は、飛ぶことは飛んだけど1時間半遅れて、着いたのは8時半。空港のフードコートでラーメンを食べよう!と思ってたのに閉店済で、悲しくもホテルへ直行。(コンビニでおにぎり買って食べた)

急遽予約したホテルは「ANAクラウンプラザ千歳」です。ここ、クラウンプラザの中でもかなり良いホテルだと思いますよ。以前「ステータスチャレンジ(※注3)」をしたおかげで、それほど泊ってないのにIHGホテルステータスがプラチナ。予想以上に素敵なホテルで、プラチナ会員かつANA SFCカードホルダー(※注4)向けの特別料金で、ツインのいいお部屋に素晴らしい朝食もつけてくれて、23800円で泊れました。

www.anacrowneplaza-chitose.jp

【千歳~利尻の2日目】

最初は登別の「ウポポイ」に行こうかと考えたけど、意外と遠い(直行列車がお休み中)ので、ホテルから徒歩で千歳水族館へ。大きくはないけどすごくよくデザインされた水族館です。近くの千歳川まで地下通路が続いてて、季節によっては鮭の川のぼりがそこから見られるんですって!

昼ごはんは昨夜のリベンジ、新千歳空港のフードコートでラーメン。利尻島行きのフライトは無事定刻に到着し、ホテルへ。今夜の宿は「アイランドインリシリ」です。

travel.rakuten.co.jp

夕食ナシのプランなので、友人の悲願のウニを探して街中の飲食店へ・・・しかし!お盆の時期は利尻の人は漁に出ないんですって。あちこちに電話してみたり、ホテルで自転車をレンタルして、二人でえっちらおっちら、ウニが食べられそうな魚屋を回っても・・・夕方近いので、すべて売り切れ!涙。

走り疲れて、途方にくれて二人で入ったとある飲食店で、ビール飲みながら巨大なホッケ(これもうまい)をパクついていたら、お店の人が「・・・内緒ですよ」と出してくれたのは!なんと!

小皿にたっぷりと、エゾムラサキウニじゃありませんか!東京からわざわざ来て、ウニを食べられずに帰るのは可哀想と思ってくださったんですね・・・。このときのウニの美味しかったこと、ありがたかったことといったら・・・。いや本当に利尻のウニは美味しいんですよ、ウニは昆布を食べるので、最高級利尻昆布を食べたウニは絶品なんです。

どうしてもウニのお代は受け取ってもらえず、内緒ということなのでお店の名前は出せませんが、利尻の人の温かさに触れて感動した夜だったのでした。

 

【利尻~礼文 3日目】

翌朝はホテルで朝食。バイキング形式で、ウニたっぷりの炊き込みご飯もウニ雑炊もウニオムレツも美味しい!

お盆でレンタカーも出払っていて、あまり観光はできなかったけど、ホテルの近くの「沓形灯台」のあたりを散歩してから、礼文へフェリーで向かいました。

礼文島のターミナルで出迎えてくれたのは、レブンアツモリソウのキャラクター「あつもん」。その日ウニ丼が食べられる店を書き出してくれていて便利!

礼文島では今、とってもお得なキャンペーン中。

welcomeback-cnp.jp

事前に登録してフェリーで来島し、3泊以上or1泊+体験プログラムに参加すると、帰りのフェリーが無料になるんです!私たちは1泊するので、午後の観光バスに申し込みました。

午前中に着いたのに、港から徒歩5分のホテルから丁寧なお迎え。他のホテルは満室だったので、かなり良いホテルに泊まります。

travel.rakuten.co.jp

ここほんと良いホテルでしたよ!ロビーのラウンジでウェルカムドリンクのあとは、荷物を預けてランチに出かけます。「海鮮処かふか」に入り、ウニも食べたいけどボタンエビもイクラも食べたい私たちは握り寿司を注文。ビールも合わせて一人2550円で堪能しました。

午後はフェリーターミナルから出発する観光バス。サハリンに一番近いスコトン岬は、森林限界より北なので丈の低い緑の草に覆われて、なんとも穏やかで美しい。アイルランドニュージーランドのような風景で、「これ本当に国内?」。とにかく水が澄んでいて、港でちょっと覗き込むとウニが漂ってるのが見えるんですよ。南の離島もいいけど、北の離島も最高です。

 

期待以上のツアーから戻ると、ホテルで夜ご飯です。これが!すごかったの!

素材がばつぐんに良いうえ、丁寧に仕込んだお料理の数々。外で食べなくて良かった。。。

 

礼文稚内 4日目】

朝は6:30から宿のツアーで「桃岩」まで行って、高山植物ウォッチ。ここまで緯度が高いと低い山でも高山植物が咲き乱れていて、お散歩気分で見に行けるのです。ガイドさんのお話が面白くて、夢中になって聞いてしまいました。

朝食も、ウニたっぷりの茶碗蒸し。最高でしたよ~。この宿代は二人で57200円。張り込みました!(お盆なので、いいお値段。ほかの季節の平日ならずっと安いと思うけど、この宿は冬は閉館してるらしいので注意!)

ホテルを出て、港で「ウェルカム&バックキャンペーン」の登録を済ませて窓口へ。行きは1030円払ったけど、帰りのフェリーは3070円が無料になりました。お得!

写真は撮れなかったんだけど、礼文島を出るフェリーのお見送りのすごさは有名らしい。現地の人たちが、旗を振って大声で歌って、全力で送ってくれるんですよ。一切、手抜きなし。ちょっとウルっとくるくらい一生懸命で、ああまた絶対いつか来ようと思ったのでした。

稚内に着いたら、午後のフライトで羽田に戻るので、観光バスに乗る時間はないし、レンタカーも確保できなかった・・・こうなったら、観光タクシーに乗っちゃえ!・・・一人では絶対乗ることのない観光タクシー。二人で割るから、たまにはこんな贅沢も。で、これが乗って良かった!(19000円)

2時間くらいの限られた時間のなかで、宗谷岬まで行ってサハリンをかすかに眺めたり、目が覚めるように真っ白な、ホタテの殻で舗装した「白い道」を通ってくれたり。

 

「タクシー運転手さん、一番うまい店に連れてって!」って本当に言ったのは私じゃなくて友達のほうです(※注4)。行った先は「食堂 最北端」(ネーミング最高)、食べたのは「ほたてラーメン」。雨で冷えた体があったまりました。

 

 

【お金のはなし】

今回の旅のコストは、飛行機代55080円の他に、片道のフェリー、タクシー、水族館や観光バス、ホテルやお食事で一人62137円、合計117217円。そのほかにお土産代が少々(ご覧の通り、一生分くらい昆布買った)。国内旅行でこんなにお金を使ったのは初めてだわ。

今回ご一緒した友達から、「いつも旅行してるけど、よくそんなにお金があるなぁって思ってた」と言われたので、思い切ってコストを公開しながら旅行記を書いてみようと思いました。今回は「ごほうび旅」なので国内旅行では史上最高額だけど、一人だったら、たとえば礼文なら、コーヒーを飲んだカフェに併設してるドミトリーに泊まったと思う・・・。(素敵なカフェでしたよ、こんな店)

昔からやりくりするのが趣味で、会社を辞めて急にお金が入ってこなくなってからも、金銭感覚を1ケタ戻して、美味しいものを食べて楽しく暮らしてます。去年の今頃は青春18きっぷであちこち行ってたな。だから、お金を心配して旅に出ないのはもったいない。これからは、お得な旅の情報も書いていこうと思うので、よかったら見てみてくださいね。

(愛猫のご機嫌もアレだし、次の旅行はだいぶ先になりそうだな・・・)

************************

※注1:アイランドホッピング=鹿児島と沖縄の離島をプロペラ機で1日何本も乗り継いで、年間50フライトというJALの上級会員の条件(のひとつ)を満たすことを目指すツアーがあったんです。今は自分で日程を組むフリーツアーになったらしい。

※注2:ANA株主優待券 これがあれば直前でも、通常料金の半額くらいで航空券が買えます。早割チケットが買えないときや、予定変更しそうなときに便利。2022年8月現在、金券ショップで1枚1000円台で買えます。

※注3:ステータスチャレンジ ホテルグループのどれかで上級会員になっている人向けに「同じステータスをうちでもあげますよ!」というキャンペーンをやっていることがあります。上級ステータスのうまみを一時的に無料で味わってもらって「いいなぁ、これからもずっとこのホテルを使おう」となるのが目的。旅の情報仲間から聞いて申し込んだ記憶はあるけど、他のホテルグループでも平会員だったはずの私がなぜ上げてもらえたのか、もはやよくわからない・・・

※注4:ANA SFCカードホルダー ANAの上級会員のうち「プラチナ」以上に一度でもなると、Super Flyers Cardという名のクレジットカードを作ることができて、年会費を払い続けるかぎり永続的に上級会員でいられます。こんなサービスやってるのANAJALだけという噂。フルタイムで働いてたときに1年だけがんばって乗りまくってこのカードを作れば、マイルの積算率が良くなるし、ラウンジが使えたりしてとてもお得。

※注5:「タクシー運転手さん、一番うまい店に連れてって!」という番組をテレビ東京で放送してます。なかなか好評らしい。

2022年8月 お値うち旅@奈良 2泊3日(フライト込で総額2.3万円。)

みなさん、コロナ禍でちぢこまってませんか?このブログも1年間更新してませんでした。

私の旅行は、8割は「お値うち旅(極力、節約)」で、たま~に「ごほうび旅」。今回思い切って出かけてみたら、奈良で最高にお値うちな旅行ができたので、利用したキャンペーンや使った金額もご参考に書いておきますね。ぜひぜひ、ご覧ください。

 

【いま旅行するメリット】

迷いましたが、大阪でセミナーに参加するついでに、少し足を延ばして、一人で奈良の神社仏閣をめぐることにしました。ワクチンは4回目を打ったばかり。でも安心せずにマスクをしっかりつけて、個食・黙食で人混みを避けて、しっかり消毒しながら移動します。

海外からの団体客がいないので、世界遺産は空いています。人が多すぎてなかなか行けなかった場所を、いまなら回れる・・・というメリットもあるんですよね。

 

【なぜ奈良??】

前から行きたかったうえに、「いまなら。キャンペーン」というというすっごくお得なキャンペーンをやっています。

www.nara-campaign.com

2023年2月まで、対象のホテルや旅館に泊まると、ホテルによっては半額で泊れて、払った金額のうちかなりの額が、旅行クーポン券で戻ってきます。ぜひチェックしてみてください!

 

【ホテルとフライト】

私は2022年7月にオープンしたての「いろはグランドホテル」を楽天トラベルで予約。

a.r10.to 楽天じゃらん経由ならクーポンの手続きが簡単。私は2泊で6700円払って、1000円×5枚のクーポンをもらいました。このホテルはきれいでスタッフの方々がとても親切だし、近鉄奈良駅に近く、移動も食事、買い物も便利で最高でした!

東京からは新幹線を使う人が多そうですが、私は飛行機派。今回はJALです。JALカードの「ショッピングマイルプレミアム」と、マイルが2倍たまる「JALカード特約店」を駆使して、普段の買い物だけでだいたい1年に1回くらいは特典旅行をしています。今回も特典で飛行機代は0円!

 

【滞在1日目】 ならまち~興福寺東大寺

羽田発9:30、伊丹着10:35。伊丹空港から奈良へは空港バス(天王寺まで650円)とJR(奈良駅まで470円)で。

奈良に着いたらランチタイム。初めてなのでウロウロしつつ、「ならまち」と呼ばれる界隈を散策。家をそのままレストランにした「町屋食堂 菜々」に入ってみたら、丁寧に作られたすごく美味しいランチでした。中庭もあり、店の方もやさしくゆったりとしていて、素敵なレストランでした。(ランチ1000円)

 

この日は元興寺(外観だけ)と興福寺(東金堂だけ)と東大寺の大仏を拝観して、御朱印も購入。興福寺は有名な阿修羅像のある国宝館がちょうど閉館中で、明日もう一度行ってみることに。拝観料と御朱印とお賽銭、合計で2300円、移動でバス代220円。ホテルにチェックインしたときに早速2泊分のクーポン1000円×5枚をいただいて、東大寺ミュージアムのカフェで早速1枚(1000円)。

ディナーはホテル近くの、女性ひとりでも入りやすい「奈良オモテナシ食堂」で、鯛丼とヘルシーなリンゴ酢のサワー、クーポン2枚(2000円分)。

家から羽田の交通費も合わせて、この日の出費はホテル2泊分含めて10,330円でした。

 

【滞在2日目】 唐招提寺興福寺ふたたび~春日大社平城京+夜は???
ホテル朝ごはんを済ませて0830に出発。今日はお得な奈良バスの一日乗車券(500円)を買います。奈良公園近辺だけでもかなりの広さなのでバスが便利だし、これがあればたいていの入館料が団体料金になります!

まず少し離れた唐招提寺へ。お寺を出たところで豪雨!バス停で、傘を差してもずぶぬれになってしまった。レンタカーや観光バスを使わないマイナス面ですね・・・。雨が止むまで室内にいようと思って、昨日の興福寺 国宝館へリベンジ。阿修羅像や、同じ作家の者と思われる仏像は、前を離れたくないくらい美しくて本当に感動しました。

 

ランチは駅近く、うなぎの「はぎのや」。(出るとき、なぜか「これ要ります?」ってミスドのお弁当箱をもらった)奈良って食べ物の名物があまりないけど、その分、普通のものが何でもすごく美味しい気がします。

午後は春日大社、入館+「特別参拝」と御朱印。奈良の寺社は建物も仏像も非常にすぐれてるので、時間を惜しまないで併設の国宝ミュージアムにも行くことをお勧めします!

  

春日大社のカフェで昨日と同じようにコーヒーとソフトクリームで一休み(クーポン1枚)。そのあと平城京あとにも行って、今夜は何を食べよう・・・。奈良には「中川政七商店」の本店があって、そこはレストラン「きつね」も併設されているというので、予約してないけど行ってみたら、ちょうどキャンセルが出ていて入れました。なんてラッキー。

www.nakagawa-masashichi.jp

「きつねのすきやき重」と地酒をいただきました(3850円)。意外な組み合わせだけど、甘辛どうしで相性ぴったり。美味しかった!

ところがラッキーはそれだけに留まりません。「トウカエで、来られたんですか?」と聞かれて「?」。「3年ぶりに、今夜から再開するんですよ。燈花会。」

www.toukae.jp

奈良公園のあちこちにろうそくの火が灯されて、それはそれは優しく幽玄な美しさ。この特別なイベントに参加できて、夕方から夜にかけてじっくり見ることができて、たまらなく幸せでした。

この日の出費は、バス1日乗車券、拝観料+ミュージアム入館料、お賽銭と御朱印、食事とカフェと、お土産(水まんじゅう)、合わせて7910円。

 

【滞在3日目】 法隆寺~大阪

気になってた地元のパン屋さん「シャトードール」のモーニングセットでスタート。440円で、菓子パン2個かボリュームたっぷりの作り立てサンドイッチが選べて、飲み物もつきます。私はパン2個でお腹いっぱい。

観光は、昨日見た平城京の敷地内の線路を通りたくて、あえて電車で法隆寺へ。平城京の中、通りましたよ!(写真を撮ってるのは私だけ。通勤とかで使われてる、普通の電車です)

予定はこれでコンプリート。午後のセミナーのためJRで大阪駅へ向かいます。

ランチは駅地下の、スパイスカレーで有名な「旧ヤム鉄道」で4種盛カレーと「みっくすじゅーすラッシー」2052円。その後、セミナー到着が開始ギリギリの時間になってしまってスミマセンでした・・・。

セミナーは、ちなみに、「海外のホテル上級会員になるには!?」。終わったらすぐに伊丹へ。

この日は朝・昼、バスや電車で4592円。3日間の合計は、食べたいものを食べて、何度もカフェで休んで22,832円でした。

【感想は・・・・奈良、最高。】

むかし教科書で見た「やまとは、国のまほろば たたなづく あおかき やまごもれる やまとしうるわし」(「やまと」は奈良とは限らないかもしれないけど)をずっと思い出してました。とんでもなく素晴らしい世界遺産が山ほどあるのに、お隣の京都よりなんとなく、人も建物も鹿たちものんびりしていて、いいところだな~としみじみ感じました。

【可愛かったもの】

鹿が、商店街でカフェ入ろうと思って歩いてるときに普通に堂々とそこを散歩してたりするのが、なかなか衝撃的。たくさんショップのある広いサファリパークの中に私たちのほうが入り込んだみたいだけど、人間にとってもこれが日常ってのがなんかいい。シカは常に可愛く、姿よく品がいい。

阿修羅像だけでなく、その仲間の仏像たちもみんな子どもで、すねたような表情や、緊張した表情など、子どもらしくてすごくかわいい。奈良の仏像は何時間でも見ていたいほど、どれも惹かれます。

 

それに、建物の屋根のはしっこに仕込まれたり、持国天に踏まれたりしてる「邪鬼」たちが何ともいえず、いたいけで・・・。邪鬼だけ集めたガチャとかあったら欲しいなぁ。

ありがとう、奈良と奈良のみなさん。ぜひまた行きたいです。

ネパール料理「アーガン」@大久保

2021年8月9日。

わざわざ外食することってもうないけど、図書館に予約した本を借りに行ったので、駅へ戻る途中のレストランに入ってみました。ネパール民族料理のお店だそうです。せっかく入ったので盛りだくさんなセットを注文。店の名前を冠した「アーガンスペシャルタカリセット」です。真ん中に盛ったご飯にかけるためのギー(溶かしバター)があったり、豆スープがとろみを加えたみたいにどろんとしてたり、付け合わせの漬物が何種類もあって美味しかったりして、なかなか楽しめました。

ほんとはラッシーやミルクティも飲みたかったけど、もうお腹いっぱい…。

f:id:enokidakeiko:20210420113435j:plain

 

トルコ料理「東京ジャーミイ」@代々木上原

2021.7.17

今日も検診のついでだけど、代々木上原に行ったので「そうだジャーミイがあるじゃないか!」とランチに出かけてみました。お茶とお菓子だけのこともあるので、ご飯食べるのは久しぶり。

トマトの濃いスープと、香りのいいオリーブオイルのかかった小さいサラダと、メインは。。。

鶏肉とじゃがいもとグリンピースと、くるみの、カレー味でピリ辛のお料理。ご飯には小さい豆が炊き込んであります。

お腹いっぱい!(夜ご飯抜いてしまった)でもやっぱり、トルココーヒーとド甘いお菓子も欲しかったなぁ。。。

f:id:enokidakeiko:20210717231736j:plain

オーストラリア料理「カフェ・ラントマン」@青山

2021.7.13  前から行ってみたかったお店。1873年にオープンしたウィーンの老舗の海外一号店。手がけたのはカジュアルなイタリア料理の老舗ジローなので、安定感あります。

以前行こうと思ったときは予約が取れなかったので、今度は平日ランチタイム、というか開店すぐに行ってみました。

バックフーンサラダっていう、フライドチキンの入ったボリュームたっぷりのサラダセットです。このあとコーヒーも。

f:id:enokidakeiko:20210717230527j:plain

これだけでお腹いっぱいで、本物のザッハトルテまで行きつかなかったのが残念!

用事がないと出かけられない今日この頃ですが(この日も健康診断のついで)、ワクチン打ち終わって安心してディナーに出かけたいな〜。


ドイツ料理「アイヒェンプラッツ」@赤坂

4月17日。赤坂の本格的なドイツ料理店に行ってきました。皿盛りのカリーブルスト(普通はホットドッグ)は、すごく美味しいソーセージにケチャップとカレー粉で、昔ベルリンで食べたのと同じ味わい。豚のすね肉を煮込んだ「アイスバイン」のローストもすっごく美味しかったです。ビールは生のドイツビールだけで4種類はあったかな。これがまた、うまい!

ビルの2階だけど、窓を開け放っててオープンエア状態でした。

f:id:enokidakeiko:20210417182524j:plain f:id:enokidakeiko:20210417183705j:plain