都内のレストランで世界一周!(byエノキダケイコ「旅と人生」)

海外に行けないときは近場の外国へ。毎日おなかいっぱいだ~

ロシア料理「ろしあ亭」@神保町

数年ぶりに会う2社目のときの同僚と行ってきました。ついつい話し込んでしまった。

彼女はモスクワとかにも行ってるけど、私はサハリンとハバロフスクウラジオストク旧ソ連諸国しか行ったことがありません。ど真ん中のロシア料理は未経験なわけですが、今日のランチコースは知ってるものが多かったな。そういえば私の1社目は西新宿にあって、スバルビル地下のスンガリーというロシア料理店によくランチを食べに行ったのが私のイメージするロシア料理なのだと思います。ジャムを入れた紅茶や赤いボルシチピロシキビーフストロガノフ。(ロシア人の名前みたいだと気づいてググったら、実際ストロガノフ家代々の料理らしい)。スバルビルは解体されたので、スンガリーは今は

今回のランチコースはそのうちボルシチビーフストロガノフ、マッシュルームのつぼ焼きシチューが入っていてサーモンをパンケーキで巻いた前菜やジャム紅茶とデザート、というフルコース。久々にガッツリとロシア料理を食べました。

サハリンのガイドに「寒い所には寒い時期に行くのが一番」って言われたなぁ。流氷やオーロラを見に、またシベリアに行ってみたい。食べ歩きも十分楽しいけど、五感で異文化をたっぷり浴びられる海外に早くまた行きたいなぁと改めて思ったのでした。

f:id:enokidakeiko:20201014190552j:plain

ビーフストロガノフ、ボルシチ、マッシュルームのつぼ焼き、パンケーキの前菜。