都内のレストランで世界一周!(byエノキダケイコ「旅と人生」)

海外に行けないときは近場の外国へ。毎日おなかいっぱいだ~

カメルーン料理「JICA食堂」@幡ヶ谷

「新竹」に行ったときに「東京にいながら世界一周!?おいしいものめぐり」という本が置いてあって、同じこと考える人ってけっこういるのかなーと思いつつさっそく取り寄せたところ、JICA(あの、世界中で貢献活動をやってるJICAです)の中のレストランが載ってたので、時間を見つけて行ってみました。ここは今後もちょいちょい行ってみようと思います。

今日のA定食(610円)はカメルーン料理の「ンドレ」。「ン」で始まる言葉ってアフリカくらいしか見たことないのでワクワクします。説明によると「牛ひき肉とほうれん草をピーナッツ風味に炒め煮したもの」。

ほうれん草を細かくしてるので、バジルスパゲティの具みたいだし、恵比寿駅の「アンティコカフェ アルアビス」で食べたほうれん草サンドにも似ています。

カメルーンもちろん行ったことないので、代わりに【私とJICA】

10年以上前だけど、この建物の中の会議室で、インドのビジネススクールから来てるシニアな方々の研修のお手伝いをしたことがあります。レクチャーの後、ヨドバシカメラに見学に連れて行ったら、炊飯器のほかに「トリマー」をみんな欲しがってました。(みんな髭はやしてるので「シェーバー」じゃなくて「トリマー」。売り場が狭くて種類も少なかった)ヘルシオやナノイードライヤーが出たころだったので、その辺の最先端技術を説明しようとしたんだけど、難しくて途中からなんでもスチームだ!という適当な説明になってしまったような記憶があります。(ダメじゃん)

f:id:enokidakeiko:20201012120438j:plain

ンドラ(誤字ではない)とスープとサラダ。