都内のレストランで世界一周!(byエノキダケイコ「旅と人生」)

海外に行けないときは近場の外国へ。毎日おなかいっぱいだ~

アイスランド料理「WK パフィンズ」@下北線路街空き地

アイスランドのホットドッグ。去年の夏に行ったとき何回食べたか!何食べても美味しかったのですが、名物といえばピルサーつまりアイスランド語でホットドッグ。ラムとポークの細挽きソーセージにアイスランド製の茶色っぽいマスタード、そして底の方に潜んでいるのはフライド・オニオンと生のオニオン。一番有名な、クリントン(当時の)大統領が通った等の逸話のある「バイヤリン・ベストゥ・ピルサー」はかなりシンプルな一方、私が一番気に入ったバスターミナル隣のフードコート内の「Skal!」という店(※ミシュランでビブグルマンに選定!)のホットドッグは、ダブルオニオン、ソーセージの上にはレタスの細切りやピクルス。美味しすぎて短い滞在中に3回通ったあの店のホットドッグがまた食べたいとずっと思っていて、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、Kindle用に書いた「ホンモノのガイドブック アイスランドに行きたくなる本」でも1章を割いて、ひたすらホットドッグ調理実験をやったくらいです。

まったく旅行ができない最近でも、アイスランドの会社で働いてみたり、アイスランドのミステリー(作者の名前は「アーナルデュル・インドリダソン」、すごい陰鬱だけど面白い)の日本語訳を読破したり、アイスランド活動に余念がなかった私ですが、肝心のアイスランド料理店がない!唯一見つかった固定店舗「アイスランド・マーケット」は、名古屋にあって、普段ならそれでも飛んでいくのに今は行きづらい。

やっと見つけたのがここ「WKPuffins」。固定店舗ではなく、あちこちに出店しているというので、この週末に出ている下北沢駅近くの「下北・線路街・空き地」(これが正しい名称)に行ってきました。この見覚えのあるホットドッグ。パンもアメリカのホットドッグ用のバンズではありません。ちゃんと2種のオニオンが沈んでいます。懐かしい味…。1年ちょっとぶりに再会できたピルサー。あまりに好きで、某ハンバーガーチェーンの人に「これ作って」とお願いしたくらいです(多分却下)。

毎週木曜に代々木上原の「No.」というお店にも出てるそうなので、近々行ってさらにじっくり味わってみようと思います。

f:id:enokidakeiko:20201122122747j:plain

野菜たっぷりのホットドッグ。