旅と人生 by エノキダケイコ

ちょっとまとまった時間ができたら、すでに出かけている、そんなエノキダケイコの人生そのものともいえる旅行について書いていくブログです。

エノキダケイコのプチかばん ② 中身について

ドラえもんポケットとも呼ばれる、私の旅行バッグ。一人で設備の整ったホテルに1泊だけ、ってときはあまり詰め込まないけど、友達と一緒のときや「おひとりさまOKツアー」に参加して相部屋になるときなどは、便利そうなものを持っていくと喜ばれます。たとえば…

① 2人分のカトラリー(箸、フォークとナイフとスプーン)
部屋にない場合、持ってきてもらえる宿もあるけど、コテージとかだと難しかったりもします。
食事を食べた後に、ちょっとした名物やおつまみを部屋で食べるのも楽しいので、100円ショップで買ったプラスチックの軽いものを持っています。使い捨てても全然惜しくない!

② 栓抜き&ワインオープナー
ワインを買ってきて部屋飲みしたいのに開けられない!ってことが何度かあったので、荷物に追加しました。金属製は保安検査で引っかかってしまうので、何かの景品でもらったプラスチック製の栓抜きを持っていきます。ネットで探してもプラスチック製は見つからないんですよね。見つけたら買い足しておくんだけどな~。
③ コンセント分割器と延長コード、USB5つ取れる変換プラグ
④ コーヒーバッグと紅茶ティーバッグ、人数分
フリーズドライの味噌汁数種類
カロリーメイト
脂っこい食事が続くときに、味噌汁はいいですよ!フリーズドライのものはいいお値段しますが、味は本格的。夕ご飯を食べる時間がなくホテルに戻ってきたときなどは、食事替わりにすることもあります。

⑥ 爪切りと爪やすり
しばらく旅行をしてると、爪が割れたり、指先にササクレができたりすることもあります。ハサミは持ち込めないけど「クリッパー型」(いわゆる普通のタイプ)の爪切りなら機内に持ち込めます。

⑦ シャンプーとコンディショナーのパウチ、日数分
エコノミータイプのホテルだけでなく、日本から見るとけっこういいホテルでも、リンス入りシャンプーしか置いていないところや、備え付けがないところも海外にはあります。自分に合うものをちゃんと揃えていくのがベストだけど市販のトラベル用のパウチや試供品がこういうときには便利。

⑧ 温泉のもと
バスタブがある部屋なら、日本から持って行った入浴剤を使うとリラックス感が違います!

スマホのほかに、PCまたはKindleと世界で使えるWi-fi
海外のネットをどうするか?は本当に悩ましいところです。海外ネット定額のあるキャリアなら、1台で済むので便利ですが、思わぬところで課金されたりして冷や冷やすることもあります。今は海外では使えないキャリアのなので、日本でも海外でも使えるWi-Fi「Skyberry」を申し込んでみました。毎晩2つ充電するのが若干手間だけど、カメラを持っていかなくてもかなりきれいな写真が撮れるようになったので、3台にはならないし、なかなかお手頃で良いですよ。

⑩ ビニールのサンダル
ビーチに行かないときでも、持っていきます。サンダルはスリッパより指先が伸び伸びできるのと、バスルームの形状によっては入浴後、床がびしょびしょになることもあるので、持ってると意外に便利。国内の場合、ちょっとした足湯に入った後なんかも便利。

⑪ ワンピース
山奥に旅するときでも、ツアーの最後の晩にちょっとしたレストランでディナー、なんてこともあります。ワンピースって素材がテロンテロンなので荷物にならないしシワにもなりにくい。靴はどうするって?登山靴はさすがにはけないので、ワンピースにも合うようなビニールのサンダルを持っていくのです。
高級感はゼロだけど、合わないことはないです。

 

…これ全部詰め込んでも、まだスーツケースはガラガラ、バックパックも余裕です。ただ、たまにお土産を買いすぎて、入らなくなることもあります。そんなときのために、

⑫ 折り畳みのボストンバッグ

これも私には必須です!