旅と人生 by エノキダケイコ

ちょっとまとまった時間ができたら、すでに出かけている、そんなエノキダケイコの人生そのものともいえる旅行について書いていくブログです。

エノキダケイコのプチかばん① バッグそのもの

4,5泊までならいつも、リュックで旅行する私。空港で荷物をチェックインすることは年に1回くらいしかありません。「なんでそんなに少ないの?」といつも言われるし、小さいリュックから「あ、それなら持ってる」と色んなものが出てくるので「ドラえもんポケット」と呼ばれることもあります。そんな私の旅の荷物について、ご紹介しますね。今日はまず、愛用のカバンについて、容量ちいさい順に。

いちばんよく使ってるのは、ミレーの「マルシェ」。私のは古いけど形はこれに近い。

もう5,6年使ってるかな。20リットルだけど、けっこうたっぷり入ります。(ワンピース着て街歩きというより、軽登山のときに向いてるかな)PCを持ち歩くときは、こういうリュック+PCバッグで出かけることも。PCバッグのほうにお財布やスマホも入れてしまえば、買い物するたびに背中からリュックを下ろさなくていいし、空港の保安検査場で出し入れが一度で済みます。

街歩き中心のときや、ちょっとキチンとしたホテルに泊まるときは、リュックだけどちょっといいやつ。これはTUMIの「Harrison オーク ロールトップ・バックパック」っていうモデルらしい。

台北の空港の免税店で買いました。かなりキチンと感強いですよ。登山用じゃないので容量表示はないけど、たぶん上のコールマン20リットルと同じくらいかな?でも、しっかりしたPCポケットがあるのが良いです。ホテルに長く滞在して、PC作業をするようなときにも。

それからこれは買ったばかりの「Coleman 3ウェイボストン」。

ボストンバッグとして肩かけしたり、取っ手を持って使うこともできるけど、リュックとしてもしっかり背負えます。買った理由は容量50リットル!近々、アウトドアの多い旅行に出かけて5泊するんだけど、現地でで調理もするので、やたらと持っていくものが多くなりそうなのです。これはプチかばんとは言えない!(笑)

それから、いちばん大きいのが、私が持っている唯一のスーツケース。これもTUMIなんだけど、10年以上前に出張先のアメリカで買ったもの。Crate & Barrelっていうキッチン用品のショップとなぜかコラボした商品で、つながりはよくわからないけどデザインは好みぴったり!だったので即買い。リンク先の写真の真ん中の、くるまのついてるモデルです。

https://thestrategicfirm.com/blog/stick-to-what-you-know/

TUMIだけど赤いラインが目立つところがい!と思ったのに、空港の荷物ラインで見るとほかのよくある黒いだけのソフトケースとまったく区別がつかなかったのは、予想外でした…。

こうやって見ると、私のバッグはメンズが多いですね(笑)いままで全然気づかなかった…。それぞれ個性的な、お気に入りのバッグたちのご紹介でした~。